読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S&B magazine

シンプルとベーシックな生き方の考察。

英語もあまり話せない私が一人でタイに行って充分楽しめた!一人旅のすすめについて。

f:id:atk822:20170131183720j:plain
こんにちは、またまた久しぶりの更新になってしまいました。
実は先日まで4泊5日でタイへ旅行に行っていました。私は旅行が大好きで、今までも海外も含めて色々な場所へ旅行に行きましたが、今回は人生初の一人での海外旅行。
周囲の人たちに心配されながらもなんとか無事に日本へ帰国することが出来ました。タイはもともと料理が好きなところから始まり、行ったことがある人の話を聞いていると良い情報ばかりなので、行ってみよう!!ということで思い切って予約してみました。

なぜ今一人で海外旅行なのか?

これに関しては一緒に行きたい人と仕事を休めるタイミングが合わなかったというのも大きな理由ですが、ただ単に「一人で海外旅行」ということにかなり興味があったから。
前回の記事にも書いたように私は英語がほとんど話せません。タイは公用語タイ語ですが、想定されるのはバンコクなどの都市部ではホテルや観光客が集まるスポットには大抵英語が話せるスタッフがいるはずということです。確かに流暢な英語で会話は出来ないですが、相手の話していることはなんとなくでも理解は出来るし、今は便利な翻訳アプリもあるし、なんとかなるだろう!という結論でした。これはまさにその通りでした。ただやはり少しローカルな場所へ行くとタイ語しか通じないという場面もあったりするのでその場合は近くにいる日本人を頼りにするのも一つの手ですね。
また、もともとひとり時間が好きなので、自分の思い通りのスケジュールで行きたいところに行って食べたいものを食べれるというのも魅力的だと思ったことと、何よりも誰かの手を借りることなく日本でない海外で自分一人で考えて行動するということは危険も伴うことなので、やり遂げた後は自分自身の成長にも繋がるのではと思いました。
今までも旅行に行くときは事前に下調べをして計画的に動いていて、そのプロセスが楽しかったりするのでパッケージツアーなどはあまり参加してきませんでした。それが今回は一人なのでより入念に下調べをしました。下手したら命の危険もあると思ったので、、、笑。
なんとかなるだろうという思いと、危ない目に合うかもしれないという二つの思いを常に持ち続けた5日間でしたが結果とっても楽しかったです。




なるべくローカルな楽しみ方をしてみる

f:id:atk822:20170131191951j:plain

これは国内外に関わらずですが、ローカルな人たちの暮らしと同じように過ごしてみると旅行の楽しさは倍増します。今回のタイでは、バンコクからアユタヤというユネスコ世界遺産に登録された街に行きました。有名な観光地なのでもちろん行く外国人観光客は多いのですが、行き方が①ツアーで行く②乗り合いのミニバンで行く③鉄道で行くという3つの選択肢がある中で、是非③を選んでもらいたいです。実際私も鉄道で行きましたが正解でした。上の写真がアユタヤ行きの鉄道の駅の待合室ですが、観光客よりも現地タイ人が多い印象で、約1時間半ほどでアユタヤへ到着するのですが、その間の車内の窓から見える風景が現地の人達の暮らしを垣間見れる瞬間でした。冷房が付いていないのですが、窓から入ってくる風が心地良かったです。車内販売もあって、これもまた面白い。しかも運賃は15バーツ(日本円で約50円!)という破格の安さ。アユタヤ行きを検討している方は是非鉄道を利用してみて下さいね。

ぼったくりとスリには気をつけて

f:id:atk822:20170131194305j:plain

一人旅は常に危険と隣り合わせです。なんか怪しいな、、、と思ったらしっかり「No」と言うことが大切。特にタイではタクシーやトゥクトゥク(三輪自動車)は観光客にはありえない金額を提示してきますので、タクシーの場合はきちんとメーターで走るか確認することと、トゥクトゥクの場合は料金交渉をすることがポイントです。
また、観光客が溢れかえっている場所ではスリも多発しているそうなので、荷物の管理は自分でしっかり行いましょう。写真の水上マーケットでは狭い通路に人がぎゅうぎゅうでした。私はリュックで動いていたのですが、怖くてずっと前抱えしていたので、斜めがけのカバンなどのほうが安心できるかもしれません。



まとめ

f:id:atk822:20170131195713j:plain

タイはご飯も美味しいし、現地の人も皆優しい方たちばかりで、初めての一人海外旅行でしたが充分楽しむことができました。観光スポットがありすぎて今回だけでは時間が足りず周りきれなかったのでまたいつか絶対に行きたいと思います。
一人旅は得られることも多いですが、今回私が感じたデメリットとしては、
・ご飯が食べられる種類が少ない
 →人数がいれば数品頼んでシェアできるので、一人だと1,2品でお腹いっぱいになってしまう
・感動をその場で誰かと共有できない
 →帰ったらしつこいくらい身近な人へ思い出話してあげましょう
・英語力の不十分さにより現地の人や英語圏の観光客とのコミュニケーションが取りづらい
 →英語力がもっとあれば一人でもより現地での情報収集がしやすかったかなと思います。
この辺りでしょうか、、、。でも今回の一人旅、思い切って行ってみて本当に良かったなと思います。空港から出国するところから何もかもがドキドキでしたが、きちんと下調べをして気をつけるべきポイントをしっかり守れば、私のように英語が話せないという方でも諦めずにチャレンジする価値は大いにあります。やっぱり旅行は行く度に新たな発見が出来て、自分の視野が広がって行くような感覚がやめられません。さて次はどこに行こう〜!